鹿児島エマルゴ協議会

鹿児島の災害医療・多数傷病者マネージメントに貢献する

鹿児島エマルゴ協議会

Mission

”備えあれば、憂いなし”
エマルゴトレーニングを通じて一人一人の「心」に備えができるよう活動していきます

 
Emergo Train System(ETS)はスウェーデンで開発された救急・災害医療の机上シミュレーション研修法です。
事故や災害に関連する人的・物的資源をシンボル化した通称「エマルゴキット」をホワイトボード上に展開して訓練を行います。
このようなトレーニングを通じて、災害や多数傷病者発生事例をシミュレーションし、学んだり検証することができます。
 2011年3月11日の東日本大震災を機に災害訓練への関心が高まりましたが、事故や災害にいつ遭遇するかは誰にも分かりません。
「備えあれば憂いなし」-エマルゴトレーニングで一人一人の心に備えを作れるよう私達は活動していきます。

 

About ETS

ETS(Emero Train System®:エマルゴトレインシステム)について
エマルゴキットを有効に利用する方法

 

エマルゴキットには災害や多数傷病者のマネージメントをシミュレーションするためにパペットと呼ばれる多種類の標識(マグネット)が含まれています。
鹿児島エマルゴ協議会では、これらのパペットを使ったシミュレーション訓練として「エマルゴ演習コース」の他、
エマルゴキットの使い方を学び、より多くの人がそれぞれのシチュエーションに合わせて、より頻回にシミュレーション訓練が行えるようサポートするため「ベーシックインストラクターコース」も開催しています。

Emergo Course

演習コース

災害現場や医療機関などに見立てたホワイトボード上に、事故や災害に関連する人的・物的資源をシンボル化したマグネットを配置します。参加者はホワイトボード上の「傷病者」をトリアージしたり、「点滴」などの資源を利用して応急処置のシミュレーションが可能です。また「救急車」で医療機関のホワイトボードまで移動させることによって傷病者の搬送をシミュレーションすることもできます。

Basic Instructor Course

ベーシックインストラクターコース

エマルゴキットを用いた研修を行う場合、キットの特徴や使い方を学ぶとより有意義な研修を行うことができます。ベーシックインストラクターコースではエマルゴキットの内容やシニアインストラクターの指導の下で参加者をどのように評価していくかなどを学びます。 
 コースは1日かけて行われ、ベーシックインストラクターは自施設内での認定エマルゴコースを開催することができます。

Senior Instructor Course

シニアインストラクターコース

シニアインストラクターコースではエマルゴキットを使い、シナリオの作成、シミュレーションのハンドリング、シナリオや参加者に対する評価などを約3日間かけて学びます。 シニアインストラクターは自施設のみならず、他施設においても認定エマルゴコースを開催することができます。 
 シニアインストラクターコースはエマルゴ・日本によって開催されています。 

 

News !

 
お知らせ / ニュース

ウェブサイトをリニューアルしました。

 

エマルゴ演習コース

2017年10月21日

開催場所:鹿児島大学病院

開催時間:13時~17時

担当:坂元

お問い合わせはコチラから

ベーシックインストラクターコース

2017年10月21日

開催場所:鹿児島大学病院

開催時間:9:00~17:30

担当:坂元

お問い合わせはコチラから

シニアインストラクターコース

2017年11月開催予定

開催場所:富山

担当:エマルゴ日本

詳しくはコチラ
エマルゴ日本のウェブサイトへ

Information

鹿児島エマルゴ協議会ではFacebook pageで情報を発信しています。

エマルゴキットを利用した訓練の様子やシミュレーション訓練の予定なども載せていますので、よろしければ覘いてみて下さい
 

Profile

鹿児島エマルゴ協議会について

代表世話人

垣花泰之(鹿児島大学 救急集中治療医学講座)

世話人(アイウエオ順・敬称略)

有村敏明(パールランド病院)

岩切宏之(鹿児島赤十字病院)

中馬千秋(鹿児島市立病院)

徳永和彦(南薩地区消防組合)

吉原秀明(鹿児島市立病院)

主な活動

エマルゴキットを用いたシミュレーション訓練の開催、運営サポート

事務局

〒890-8520 鹿児島県鹿児島市桜ケ丘8-35-1

鹿児島大学病院 救命救急センター内

連絡先

ets.kagoshima@gmail.com

インストラクター

約20名

Contact